福島県いわき市 学校法人相双キリスト教学園 認定こども園りんごの木携帯サイトはこちら

保育方針

教育課程「育ちあう心」キリスト教精神に基づいた保育

建学の精神

本園は「幼子をキリストに」という願いと祈りによって開設されました。
子どもたちは「神からの賜物」であるという聖書の教えに基づき一人ひとりが神より使命を与えられている
かけがえのない者として私たちに委ねられた存在であると考えます。
また、精神的・肉体的に健全な人格を築くため、幼児に望ましい環境を整え教育の基礎を養います。

本園の教育方針

キリスト教保育

子どもたちを愛され大切にされたイエス・キリストの教えに基づいて
一人一人の子どもの人格を重んじ、教師も子どもたちと共に育つ保育を目指します。

少人数保育

職員全員が一人一人の子どもたちの顔と名前を覚えて心を配ります。
異年齢の交流を大切にします。

遊びを中心に

子どもの心と体は遊びを通して成長します。
友だちとの関わりの中でルールを守り
他者への配慮の大切さを子どもたちは学びます。

保育の目標

  • 安心できる雰囲気の中で、自分を素直に表現することができるよう
    情緒の安定を図ります。
  • 子どもの気持ちに寄り添いながら、基本的な生活習慣を確立し
    健全な心身の基礎を培います。
  • 人とのスムーズな関係を形成する中で、自分を大切な存在として受け入れ
    他者への思いやりを養います。
  • 子どもたちを取り巻く自然を通して
    神様の恵みを知り感謝する心を養います。
  • 集団生活でのいろいろな経験を通して
    自己を豊に表現することが出来るように働きかけます。

ページトップへ

当園の紹介

園長あいさつ

昭和の初め、中村清次牧師夫妻が愛娘清子さんを亡くされ、その代わりに幼子を養育したいという願いを持たれ、1927年(昭和2年)5月に磐城教会付属の清風幼稚園が誕生しました。
教会付属の幼稚園として、イエス・キリストが幼子のあるがままを祝福されたように、幼子が愛されていることを知り愛する者となるために思いやりのある人格の形成を目指して来ました。

 幼い日に、自分の存在を大切にされ安心して過ごすこと、そしてゆっくりでも自分のやり方で動き出し、周りのものや人にかかわりながら手やからだや心や知恵を使うこと、一緒に心動かすお友だちと出会い過ごすこと、そしてまた安心な場所に戻り安らぐこと・・・このような繰り返しをする中、子どもは嬉しい日々を重ね希望をもちます。また目に見えないけれど心の中で生涯を支える確かな根っこが育まれていきます。
 当園は、その時を保有者と保護者様とでつながりあって共に支えております。保育者は、一人ひとりを愛しみ、受け止め、よく観てかかわります。保護者様は、お子さまの安心と健康と生活をご家庭で支え、毎朝、お子さまを私たち保育者に委ね信頼をもってお預けくださいます。保育者と保護者様とが喜びや悩みを分かち合って歩みます。こうして「育ちを信じ」一緒に育てられることを 嬉しく思っております。
 認定こども園りんごの木は、日本基督教団磐城教会に連なる園として“神さまがいつも一緒にいて一人ひとりを愛しお守りくださる”ことをお伝えしていく事が私たちのミッションであると考えます。

日本基督教団磐城教会 平市大町5番地3

学校法人相双キリスト教学園 認定こども園りんごの木 園長 松本 美佐子



施設名 認定こども園 りんごの木
園長 松本 美佐子
創立 1927年5月
所在地 〒970-8036 福島県いわき市平谷川瀬二丁目15-15
電話番号 0246-25-4024
FAX番号 0246-25-4025

1963(昭和38)年7月 現在地に移転

ページトップへ

アクセス

ページトップへ